鳥に逢いたい・蝶に逢いたい

    信州のある山あいより等身大の山歩きを発信  

    タニワタリ

    環境省レッドリストいにおいて絶滅危惧種ⅠB類

    どちらかというと南方系のシダ類なので、長野県のの中で見つかるのはとても珍しいことのようです。
    美しい緑の葉が好評で 園芸用として乱獲され、暖かい地方の自生地でも自然状態ではほとんど姿を消してしまったようです。
    園芸店で鉢植えにされたものは、お行儀よく葉がきれいに円形に並び、見た目別種のようですが、
    こちらは岩の割れ目から生えているため少々お行儀が悪いですね。 でも本来の姿かもしれません。
    ただ 冷所であるため生長は非常にゆっくりで小さめです。

    タニワタリ

    岩場で足元が不安定なため、コンデジで 無造作に撮ってしまいました。ごめんなさい。

    鉢植えを買い求めて鑑賞するのは悪いとは言わないけれど、私はやっぱり いつまでも岩場に根付いて居てほしい・・・
    スポンサーサイト

    テーマ:山と野の花 - ジャンル:写真

    コメント

    No title

    同感です。
    鉢植えは悪いとは私も言わないけど、自然のまま残っていて欲しい。
    未だに山から勝手に取って鉢植えにする輩がいるのが嘆かわしいです。

    • 2010/08/14(土) 09:09:52 |
    • URL |
    • サラーム #-
    • [ 編集 ]

    No title

    山に入ったとき、こんな植物をいつぞや見かけた気がしますね。
    どこやったかな。そんな貴重な植物とは知りませんでした。

    山野草にしろ、山菜にしろ、後先考えずに根こそぎ採っていく人が多いですね。
    山には所有者があるわけやし。これって、窃盗になりますやん。

    • 2010/08/14(土) 10:12:25 |
    • URL |
    • 阿修羅王 #QmhNi1cU
    • [ 編集 ]

    サラームさん

    でしょ! ありがとー

    山の中に住んでいて、都会暮らしよりは比較的簡単に、そういうものを目にすることのできる環境にいるものが、
    あんまり意地悪なことは言いたくないですが、意地悪ではないんです。
    今は栽培技術も進んでいるので、栽培に耐えられるものは それもいいでしょう。
    でも、世の中に鉢植えしかなくなっちゃったら 元には戻らないもんね。
    岩場のような過酷な環境では、鉢植えよりはるかに長い時間をかけてゆっくり成長しているんです。
    その辺をわかってほしいですよね。

    • 2010/08/14(土) 11:46:45 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    阿修羅王さん

    花だと目立ちますが、ただの葉っぱですからね。地味な存在です。

    自生地として有名なところは、狙い撃ちにされて もうほとんどないのでしょう。
    なので 逆に全く無名なところなら ふと 自生しているかもしれませんね。

    マニアとはそういうものなので、始末が悪いです。

    • 2010/08/14(土) 11:52:51 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    こんばんわ

    山でこうゆうの見つけれるとたいしたものです。最近ただ歩くだけの人が増えた山道ですが、
    何事にも興味を持ってキョロキョロ歩くと時間が速くてたまりませんね。

    • 2010/08/14(土) 19:17:24 |
    • URL |
    • きよ麻呂 #-
    • [ 編集 ]

    きよ麻呂さん

    この日は こんなことばかり大好きな同好会のメンバーで歩いていましたので、
    自分の知らないことでも、誰かが教えてくれます。
    山は素材がいっぱいなので、それぞれ得意分野の違う人が集まっていて、楽しいです。
    ただ 鳥撮りが私以外誰もいないのが ちょっと・・・・
    鳥見屋はいるんですけどね。
    だれも小鳥を撮らないので、置いてきぼりになってしまいます。
    というわけで、夏場の鳥さんは どうもうまくいきません。
    一人で出かけても、失敗だらけです。

    • 2010/08/14(土) 19:44:04 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://choublog.blog57.fc2.com/tb.php/693-fb2ea8d1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad