鳥に逢いたい・蝶に逢いたい

    信州のある山あいより等身大の山歩きを発信  

    厳冬川紀行 西野川 氷柱

    ボツ写真添削企画? 
    せっかくご訪問くださった方には申し訳ありません。お目汚しなものを並べてあります。
    しかし これも自己研鑽と心得、もしお気持ちがおありでしたら、ひとこと辛口のこしていただければ幸甚に存じます。


    毎年寒中になると西野の河岸から染み出してきた伏流水が、大きなツララとなって、河岸を覆い尽くす。
    そのツララの美しさと大きさを、この清らかな西野と共に撮りたいと思いました・・・・ が。

    雪が少なく、岩肌が丸見えで、がっかり。それは私ではどうすることもできないので、さておき
    西野川
    人がいたので、一緒の写し込めば ツララの大きさがわかるかと思いましたが、これではの対岸であることがわからない。

    西野川
    どこを持って水平とすればよいのだか? 

    とにかくきれいでない。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    さてここからが本番・ 季節はいろいろ、春になってから考えていたのでは間に合わないので

    下栗の里を撮るの巻 (昨年夏撮影)
    日本のチロルと呼ばれる、南アルプスの、ある村のこの集落。
    こんなところにも人の暮らしがあるんです。
    その集落をはるか眼下の遠山とともに撮りたいのですが、ビューポイントがなかなか無い。

    遠山と下栗の里(焦点距離14mm F:14 ISO:200 SS:1/400)
    下栗の里

    (焦点距離21mm F:14 ISO:なぜか400 SS:1/800)
    下栗の里

    ヒメギフチョウの産卵を撮るの巻(昨年春撮影)
    50mm F2.0 macro EC-14 (焦点距離:70mm F:6.3 ISO:400 SS:1/160)
    ヒメギフチョウノ産卵

    スポンサーサイト

    テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

    コメント

    No title

    2枚目、安定してるように思えるけど。

    産卵シーンはむつかしいなぁ。
    もうちょっとボディと卵を見せたいんやんね、これ?
    バックを完全に飛ばしてしまう覚悟で露出補正しても
    果たして葉陰が明るくなるかどうか・・・
    定石でいえばマクロライトかディフューザーってとこやろうけど。

    でも、ストロボ焚いてイキモノを驚かせることは出来るだけ避けたいし・・・
    この場に遭遇したら、あれこれ考えてシャッター押せへんかも。
    この辺はその人と自然との関わり方の意識が大きく左右するとこやね。
    いや~、ムチャクチャ色んなことを考えさせられた1枚です。

    似たような状況で
    色んな角度、色んな露出を
    相手が許してくれる限り試す事ってよくあるけど、
    どんだけ頑張ってもこういうのしか撮れへんかったときは
    潔くボツかな、やっぱり・・・
    きっと、おんなじような理由でボツって判断したんと違うかなと思うけど。
    敢えてエラそうなこと言わせてもらえば・・・
    気ぃ悪せんとってな。

    • 2010/01/30(土) 08:23:44 |
    • URL |
    • のび #8UVVYelU
    • [ 編集 ]

    のびさん

    チョウチョ ご明察。
    「これだけの被写体に出会って、こんな風にしか撮れへんのかぁ!!」・・・て、そんな感じやろ?

    当然ピントは目に合わせたけど、これやったら何にも見えへんもん。
    こんなんばっかり100枚くらい撮ってしまいました。
    せっかくの卵は 知ってる人でなければ、何をしているのかわからへんわ。
    頭の先から、卵の奥まで被写界深度とって、目を明るく撮りたかったの。

    万が一今年もこんな場面に出会えたら、今度はもう少しきれいに撮りたいから、
    その時あわてないように「こう撮る」というのを頭に叩き込んでおかないとね。

    これF6.3で撮ってるけど、もっと思い切って絞って、
    そうするとSS遅くなるでしょ? それでブラしたら、元も子もないから、
    当然ストロボというのも視野に入ってくるけど、
    それで驚かして逃げられたら・・・・・・(/_;) かわいそうやし私も困ります。

    光を当てることによって、新しい陰ができてしまうのもまた困るし
    こういう場面は、大概落ち葉やから、離れた所から落ち葉にバウンスさせたらどうかな?・・・・
    というあたりまでは、なんとなく考えてみました。
    でもストロボセットしている間に、チョウチョいてへんようになるかもね。

    ディフューザーって どういうこと? 内臓のストロボで散らせってこと?
    内臓のストロボやとどうしても光が上からにならへん? ちらしても。
    でもその方が柔らかかな?

    • 2010/01/30(土) 09:20:35 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    おはようございます

    水平は2枚めの写真だと、1.5~2度くらい左回転したほうが自然に見えるでしょうか。
    右フレームのフデリンドウ、私も好きな花です。

    • 2010/01/30(土) 09:54:28 |
    • URL |
    • pispofp #/.OuxNPQ
    • [ 編集 ]

    ん~

    私には素晴らしい自然のツララ~って見える^^
    なんかコメント出来ないな~^^

    撮る側の意図ってもっと鋭いものなのか・・
    私はまだまだヘナチョコやなぁ~って感じ^^

    それにしても凄いツララ・。。

    • 2010/01/30(土) 10:51:46 |
    • URL |
    • あざみ #0XOUcky6
    • [ 編集 ]

    pispofpさん

    左側のツララが、垂直になる、という感じでしょうか?
    ありがとうございます。

    野山の小さな花は可憐です。
    最近はこういうものも園芸種が増えて、
    多くの人が楽しめるようになりましたね。
    しかし 落ち葉の間でポツンと咲いていると、レンズを向けずには居られませんね。

    • 2010/01/30(土) 11:13:27 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    あざみさん

    ありがとうございます。
    大きいツララですよ。でもちょっと迫力に欠けるんですよ。
    ツララがもっと重なり合ってくれれば、話は簡単なのかもしれませんけど、
    これ見ても「大きいツララ」だけで終わってしまうでしょ?
    ハッ としないんですよね。

    そういう意味では山の上の集落も同じ。
    「山の上にどうやら人の住んでるところがありそうだ」・・・・みたいな写真でしかないんです。
    天空都市マチュピチュを連想しろ・・・とまでは言わないけれど
    私としては そんなくらいハッとするものを撮りたかったんです。

    ま そういうこと。 で、私にはそれができない・・・・うん

    • 2010/01/30(土) 11:29:03 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    No title

    左のツララが垂直になったら不自然だと思います。(それだと10度くらい?)

    写真の左と右をそれぞれ1/3カットして考えて、
    残りの中央部1/3が垂直に見える…くらいでいいのではないでしょうか?

    • 2010/01/30(土) 12:14:55 |
    • URL |
    • pispofp #/.OuxNPQ
    • [ 編集 ]

    pispofpさん

    はぁ なるほど
    後で修正やってみます。
    ありがとうございます。

    • 2010/01/30(土) 14:59:13 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    No title

    ツララに集落、素晴らしい写真です。
    私は、風景の写真はあまりにも難しいので撮らない事にしています(笑)。
    ヒメギフチョウは、こんな真冬に産卵するのですか?
    私は、チョウは撮り始めて間もないので分かりません。
    という事は、私が昨日撮ったルリタテハは、
    越冬ではなく、今年生まれの子なのですか。
    ウチの方は、今朝もマイナスの気温を記録しました。
    そんな中でもふ化するのかしら・・・
    この産卵をみて、もしかしたら有りかもと思ってしまいました。
    教えて下さい。

    • 2010/01/30(土) 16:45:14 |
    • URL |
    • カラー #4vsPLkTA
    • [ 編集 ]

    カラーさん

    ヒメギフチョウは去年の5月2日に撮ったものです。
    せっかくのシーンなのに、顔が真っ暗になってしまったので、
    もし今年も出会うことができたなら、
    どうやって撮ろうかな・・・・と 、いろいろ考えていたところです。
    何しろ撮り直しの利くものではないので。

    ヒメギフチョウは 地域によって若干の違いはあるかもしれませんが、
    春先に1週間ほど姿を現します。私の地方では4月の終わりから5月頃のようです。
    食性が限られており、スミレ科のウスバサイシンの葉に卵を産むようです。
    成虫の役目はそれで終わり、卵は2週間くらいで孵化して、黒いちっちゃい毛虫になります。
    夏を迎える前には、地面のどこかで蛹になり、そのまま冬を越します。
    そして翌年の春先、羽化して姿を現すのだ・・・と。
    以上 私が普段一緒に蝶やトンボを撮っている、カメラ仲間からの受け売りでした。

    アゲハチョウ科の蝶ですが、その姿はアゲハとは思えないくらい小さいものです。
    タテハ類とあまり変わらないのではと思います。
    ギフチョウもヒメギフチョウも、今では大変な希少種ですので、密猟が絶えず、
    特にオスの個体は高価で取引されるとも聞き及びます。悲しいことですね。


    カラーさんのきのうのルリタテハは 冬越し中の日向ぼっこだと思いますよ。
    新しい個体が羽化するのは、夏からではないでしょうか・・・たぶん

    • 2010/01/30(土) 17:15:58 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    No title

    確かに雪が少なく、岩肌が見えてしまっているので、残念でしたが、
    2枚目は自然の迫力が伝わってきますよ。
    σ( ̄。 ̄)だったら、岩肌の少ない部分で切り取っちゃうかな。
    それでもなんか違うと感じたら、潔く没にします^^;
    少し斜めってるのは正解だと思います。
    チョウチョの写真もこの角度だとつらいですね。
    産卵シーンってことは分かりますが、torimyさんのイメージと違うんですよね。
    私も同じ見解で没にした写真は山のように数知れずです。

    • 2010/01/30(土) 21:15:23 |
    • URL |
    • Tigerうっす #V.QdXw8.
    • [ 編集 ]

    こんばんわ

    綺麗なツララあるんですね、すごいところですね。
    こんなの夏に見たかった。

    • 2010/01/30(土) 21:50:13 |
    • URL |
    • きよ麻呂 #-
    • [ 編集 ]

    Tigerうっす さん

    自然の迫力 伝わりますか。
    氷というのは美しくもあり、恐ろしくもあり、両方兼ね備えないとおもしろくありません。
    もっとツララがあふれるほどに大きくなってくれると、話は簡単かもしれません。
    しかし自然相手のものは、思うようにはいきませんね、生き物でも風景でも。
    相手の都合最優先ですから。

    • 2010/01/30(土) 22:20:07 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    きよ麻呂さん

    夏にご希望ですか
    それではイワナがいつまでたっても大きくなれません。

    • 2010/01/30(土) 22:22:16 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://choublog.blog57.fc2.com/tb.php/445-a5e22783
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad