鳥に逢いたい・蝶に逢いたい

    信州のある山あいより等身大の山歩きを発信  

    困ったことに

    私がリスに出会って 有頂天になっているその時、頭の上では・・・・・ ダレこれ?
    ノスリ?
    どうしよう(/_;)
    特に林縁のリスは、とても見通しの良い所にいると思われます。
    周りには 二つに割られたクルミのほか、穴のあいたクルミやドングリもたくさん落ちているので、
    ネズミなどもいるのではないかとは思いますが、ネズミは普段穴の中?
    まさかこの季節に、空を飛ぶ大きな鳥に向かって「ヘビやカエルにしといて・・・」というわけにはいきません。


    人間のちっぽけな感傷なんて、自然相手には全く無意味。あるがまま・・・ここはあらゆる命を育む、大いなる森なのだから。
    でも あぁ~ ため息

    (お粗末な画像 許してください)
    リスだって そんなこと充分承知の上で生きているわけだし、・・・・私たち以上に!!
    スポンサーサイト

    テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

    コメント

    No title

    そういうジレンマって、常に付きまとうよね。
    「これでエエんや」「これが自然なんや」って何回自分に言い聞かせてもね。
    中には何でヘビやカエルやったらエエのよ!っていう人もいるわけやし。

    今までレンズ向けてた蝶が
    目の前で蜘蛛の巣に掛かってしまったってこともあったけど、
    イイ写真撮らせてもらったからって
    助けてあげるわけにはいかへんかったしねぇ・・・
    オレがここにいたことが
    蜘蛛の巣に掛かってしまった理由ではありませんように、とは願ったけど。
    ま、これも無意味な感傷なんやけど、
    そういうことで気持ちを整理したり
    自然と折り合い付けていったりするんとちゃうかなぁ。

    • 2010/01/29(金) 08:54:09 |
    • URL |
    • のび #-
    • [ 編集 ]

    No title

    何でヘビやカエルやったらエエのよ・・・これ のびさんの気持ちやろ?
    全くその通り。

    捕食者が悪者で、ヘビやカエルはよくて、リスはいいもの・・・て 
    これではハイエナを悪者にするディズニーアニメと同じになってしまうわ。

    たまたまこのリスを私が目にしただけで、本当はもっと感傷の入り込む余地のないことが日々繰り広げられているはず。

    この日 ノスリが出てきてくれて 実は幸運やった思っているんです。
    可愛いとこだけ見て帰って来るのでは、中途半端。
    両者を同時に見られるのは、めったにあることではないし、また同時に見て初めて感じることもあるので。

    • 2010/01/29(金) 09:07:48 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    おたずねします

    こんなところに1票入れてくださったのは、どなたさんですか?

    • 2010/01/29(金) 11:09:55 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    こんにちわ

    ノスリのようにみえますが?ドラマが生まれない事を願います。torimyさんがずっとその場から離れずに見張っててください。
    でも賢そうなリスさんですから大丈夫でしょう。

    • 2010/01/29(金) 14:19:11 |
    • URL |
    • きよ麻呂 #-
    • [ 編集 ]

    きよ麻呂さん

    たまたま私が見つけたリスさんのねぐらは2か所。でも 付近にはもっともっといるんですよね。
    何しろ中央アルプス山麓の、広~い扇状地ですから。
    このノスリが吸いこまれて行った山の東側には オオタカもいるようで・・・・

    まぁ それだけ豊かってことですけど。小動物がいなければ 猛禽もやってこないでしょ?

    はぁ~~(/_;) なんとも

    日曜日に様子を見に行ってこようと思います。

    • 2010/01/29(金) 18:48:17 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://choublog.blog57.fc2.com/tb.php/444-6766e62e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad