鳥に逢いたい・蝶に逢いたい

    信州のある山あいより等身大の山歩きを発信  

    脇目もふらず

    もしかしたら これと同じような写真をご覧になった方がいらっしゃるかもしれません。

    高山帯の鳥は 人間を天敵と認識していないので比較的逃げないというのはよく聞くところですが、
    このホッシーくんは教科書通りというかそれ以上というか、
    度胸が座っているのか 無頓着なのか
    ここで本当に長いあいだ マツボックリを食い散らかしておりました。
    登山道入口を入ったすぐのところだったので、
    大きなレンズが4~5本 私くらいの中くらいのレンズが3~4本、いつの間にかこのホッシーくんに向けられてしまったのであります。
    ところがそれだけでは終わらず、
    これから山へ登っていく人、山から降りてきた人が入り乱れる場所なので、
    そんなところにレンズが並んでいれば 誰の目にも「何をとっているんだ?」ってことになり、

    「何かいるの?」「え?鳥? 鳥だって!」「ホントだ、鳥がいるよ」「ホシガラスだって」「へぇ~」「これとおんなじの さっきあっちにもいたよ」「ホシガラス? カラスなの?」「どこどこ?」
    「珍しいの?」「黒くないじゃん」「へぇ~ 高いところにしかいないんだって」
    そのうちに「ライチョウがいるの?」ってのまで・・・・まさかでしょ!

    いつの間にかコンデジの人もいればスマホやケータイなどなどなど入り混じり・・・・カシャ・カシャ・カシャ・カシャ

    いったい何人の人がこのホッシーくんを撮ったのか、見当がつきません。
    それもカメラを向ける方向は一方通行。こちらからしか撮れないのです。
    機材の違いこそあれ ほとんど似たような絵だと思います。
    大変長い前置きでした。


    後ろの白い枯れ枝・・・ 憎らしいけど あるんです。
    ホシガラス

    ホシガラス
    この 朽ちた木がお気に入りの調理台のようです。

    ホシガラス
    あんまり人がいるので ちょっと離れて違うホシガラスを撮り

    人が少なくなったところに戻ってみたらまだそこらへんにいたという たまげたヤツでした。
    ホシガラス
    スポンサーサイト

    テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

    コメント

    なんやえらい度胸が据わっているって言うか、何というか・・・
    素晴らしいモデル根性やと思うわ。

    • 2013/08/01(木) 05:43:22 |
    • URL |
    • 阿修羅王 #QmhNi1cU
    • [ 編集 ]

    阿修羅王さん

    このヒトたちって ほとんど天敵がいないんじゃないかと思う。
    あえて言えばイヌワシとかオオタカとか、あとオコジョとか。
    でも猛禽に襲われる危険性だってライチョウと比べれば低そうな気がするし、
    低地のカラスみたいに卵が蛇に食べられるわけでもないし・・・蛇おらんも。
    私はゆっくりちゃんと出会ったことはないけど ライチョウも人見ても逃げないって言うしね。

    • 2013/08/01(木) 05:59:39 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    せっかくの絵なのに
    なんだか残念な話やね。
    今はもう鳥を見つけるより、
    撮ってる場所を鳥屋にバレないように・・・
    こっちの方にかなり気を遣うからねぇ。

    • 2013/08/01(木) 06:43:48 |
    • URL |
    • ・のび・ #pSJ6Fihk
    • [ 編集 ]

    ・のび・さん

    こんなお話 黙っとこうかと思ってたんやけどね。
    そやけど絶対似たような写真があるわけやし、どこかで目について 「ん?」ってのもちょっと・・・・
    というわけですべて吐いてしまおうと思ったわけ。ああ すっきりした!
    ま 慣れない状況でした。

    それはともかく、wikiによるとホシガラスって ヨーロッパアルプスの方では 鳥屋の頭に止まるようなノーテンキもいるらしいよ。

    • 2013/08/01(木) 06:50:54 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://choublog.blog57.fc2.com/tb.php/1690-8809ea48
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad