鳥に逢いたい・蝶に逢いたい

    信州のある山あいより等身大の山歩きを発信  

    植物の種

    植物の種
    昆虫の化石と一緒に出てきた植物の種。
    ミツガシワという植物だそうです。
    寒冷地の湿地に分布する植物だそうで 今でも亜高山帯・高山帯などにあるようです。
    残念ながら私は見たことがありません。
    しかし大都会のM池やS池など、暖かいにもかかわらず今でも生き残っているところもあるようで、(当然天然記念物)
    5万年前の日本は寒かったということになります。
    京都や東京が亜高山帯のような気候だったんですね。地球レベルの話ですかね・・・・氷河期とかいう。

    私の使っている山野草事典
    花の色でひける山野草の名前がわかる事典 自然の野山や高山に咲く山野草523種 (成美堂出版)
    の260ページに載っていました。

    でも

    氷河期の生き残り植物の宝庫、木曽駒が岳千畳敷のお花畑の花を集めた
    中央アルプス 駒ケ岳の高山植物
    には載っていません(悲しぃ~~~)

    悲しいというより 高山植物とはちょっと違うのかもしれません。


    大賀ハスもこんなふうにうもれていたのかな?と思い調べたら、あれは2000年くらい前の遺跡から出たそうですね。
    このミツガシワは 5万年経っても実にみずみずしくて 蒔けば芽が出るような雰囲気がありますが、やめときます。
    スポンサーサイト

    テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

    コメント

    芽を出させてみたい衝動に駆られるけどなぁ。
    外来種やないから、生態系にも問題なさそうやけど、
    ちょっと検索をかけたら深泥ヶ池にも群生があるって!
    そうや、あそこは古代のままの池やった。

    平等院蓮は江戸中期の地層からでてきた種だったんよね。
    城陽市のたんぼでは、
    今でも巨椋池の名残の蓮の芽がひょっこり出てくることがあるって聞いた。
    蓮の生命力は凄いわ。確かに種の表面は固いからね。
    植えるときはやすりで切ってやるんよ。

    • 2012/09/23(日) 05:57:53 |
    • URL |
    • 阿修羅王  #QmhNi1cU
    • [ 編集 ]

    阿修羅王さん

    実にみずみずしいよね・・・これ。
    実は家に持って帰ってきてるけど これどないしたもんか持て余してんねん。

    深泥ヶ池にあって千畳敷にない氷河期の植物って、またおかしな話やわ。
    東北の方へ行くと 結構あるのかな・・・そんな感じやった。

    城陽や巨椋、瀬田のJCで曲って行ったあたりやろ?
    もしかして もともとは広大な沼地かな・・?


    今日は絶対御嶽登ろう思て 
    昨夜から今夜の夕飯の用意して 今朝は早起きしたのに・・・ 雨や!
    もう どっこも行かない (>_<)

    • 2012/09/23(日) 06:26:55 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    植物の生命力って凄いですね。
    何万年も命を保ち続けるんですから。
    ググってwikiを見てみたら、私がマルタンヤンマを撮影した場所に自生しているようです。
    今度、気にして見てみます。

    • 2012/09/23(日) 16:17:16 |
    • URL |
    • Tigerうっす #V.QdXw8.
    • [ 編集 ]

    Tigerうっすさん

    お近くなんですか?

    お花が咲いていたらぜひアップしてくださいね。

    • 2012/09/23(日) 18:40:04 |
    • URL |
    • torimy #4a1thY..
    • [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://choublog.blog57.fc2.com/tb.php/1463-da12ab8c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad