鳥に逢いたい・蝶に逢いたい

    信州のある山あいより等身大の山歩きを発信  

    軽やかに立つ

    カヤクグリ
    夏の終わりのお花畑をバックに

    かなり気に入ってる1枚です。
    スポンサーサイト

    テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

    ボス

    ライチョウ
    体の大きなこのオス パパなのかまったくよそのヒトなのかわからないけど そこんとこはどっちでもいいです。
    あの親子と別れてから約1時間半後 登山道をもう少し上ったところを
    大きくて羽艶の良いオスが悠々と歩いておりました。 
    がっちり足環がはめられておりました。

    テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

    ママ です

    ライチョウ
    ヒナちゃんはやや大きくなっているので このママちゃんはつかず離れずヒナちゃんの様子を見守っているようでした。

    お天気が目まぐるしく変わってすぐに霧が出てくるので 母仔一緒の場面はきれいに撮れなかったんですが
    ライチョウ

    ライチョウ
    手前がママちゃん 奥がお子

    テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

    Rock Ptarmigan

    何の疑いもなく この年になるまで ライチョウって英語ではThunder Bird って言うんだと思っていたのに 違ってた!
    毎週毎週山へ通い 土曜日の夜には「また行くのかよ!」と怒られ、それでも無理押しして出かけた5回目の乗鞍。
    2回目に行ったときには 数人のバーダーさんたちとはからずも一緒になり 
    いろいろ「情報交換」というやつをやってみたけど、あれほどあてにならないものはないと痛感!
    目撃情報と言っても 自分で見たのか 知人が見たのか 又聞きなのか又聞きの又聞きなのか
    その日の情報なのか1日前のか あるいは1週間前なのか さっぱりわからない。ただ口々に「目撃された!」って言ってるだけ。
    お互いにおしゃべりをして時間が過ぎて行ってしまう。
    そんなあやふやな情報? に翻弄されていると 自分の勘が全く働かない。視点さえもくるってしまう。

    というわけで この日はもう望遠レンズを持った人と出会っても 絶対に話をしない目を合わせない立ち止まらない!
    自分の勘だけで探してみる。それで撮れなかったらそれまでのことだ! と腹をくくっていざ出陣。
    3回目と4回目で なんとなく 何となく・・・なんとなく ではあるけれど ポイントは2か所に絞った。
    両方ともバーダーさんが行かないところ。今まで聞いた情報は全部頭の中から削除。
    幸いにしてお天気はしょっちゅう霧だらけ。← これが重要!!

    で 某岳ピークの○×△*|?■・・・で
    おったぁ~~!Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!      まず 雛

    ライチョウ
    調子よく 自分の勘だけで・・・なんて言って見たけど 実際のところ ライチョウさがしなんてばくちみたいなもんだと思う。
    120% 運。

    追伸
    カテゴリー ライチョウでアップしてある古い写真は実は娘の撮った写真です ゴメンナサイ
    何しろ 夏休み中 1か月も立山の某山小屋にこもっているような娘が二人もいるもんで ちょっとのっけておきました。
    でもライチョウだけです。ほかは全部アタシ の。

    テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

    朝日を浴びて

    カヤクグリ
    午前6:04のカヤクグリ

    顔が陰になってしまったけれど 順光よりカワイい表情に見えた。
    コントラストが強すぎて順光は少々コワいお顔になってしまった。

    テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

    次のページ

    FC2Ad