鳥に逢いたい・蝶に逢いたい

    信州のある山あいより等身大の山歩きを発信  

    森の中です~

    真夏のルリビタキ In ONTAKE

    ルリビタキ
    ルリくんと ヒガラちゃんと キクちゃんは なにもこんなところで撮らなくたって 冬にもっと普通のお山で楽に出会えるんだけど、
    そこはへそ曲がりというか ひねくれ者というか できもしないクセにやってみたがりというか  ここで撮るのが夢なのであります。
    でも これではまだ夢がかなったことにはならないので、「来週に続く」であります。
    それが連続すると 「来年に続く」ってことになると思います。

    今回は何とか見つけることができた・・・ というだけ。すみません 
    このヒトは 藪の中で綺麗な声でさえずっていたので 男の子だと思うんですけど これじゃわかりませんね。
    スポンサーサイト

    テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

    温泉気分

    ハイマツの湯で 逃げずにやたらかわいいリラックスモード
    ホシガラス

    そして
    数分後
    「突然溺れる」の図
    ホシガラス
    マンガチックなギャグみたいなヒトたちだけど、
    これでいて亜高山帯のとても厳しい自然環境の中で生き抜いている。
    誰も見ていなくても 毎日こんな天然キャラが炸裂しているんだろうか?

    テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

    コメツガに立つ

    メボソムシクイ
    できればもう少し近くで もうちょっと大きく撮れればよかったけど それはかなわず。
    でも それなりに亜高山帯の雰囲気は出たと思う。

    テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

    立つ!

    去年 ここで初めてメボソムシクイを確認した。
    そして今年 3日前に行ったとき 藪の中の声をしっかり耳に焼き付けて帰ってきてから、
    CDなどでメボソムシクイであることを再確認。
    ルリビタキのさえずりと混同してしまうからである。
    そして 再度田の原
    メボソムシクイ
    メボソムシクイ (田の原 御嶽登山道わきにて)
    ありえない立ち位置だった。
    白とびご容赦


    テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

    ごきげんさん

    ホシガラス
    ドングリくわえて 笑顔のホッシー
    このヒトはオールウェイズ上機嫌なヒトなので、ドングリがなくても笑顔がさく裂しているのです。
    霧の晴れ間 よい場所に立ってくれました。

    ホシガラス
    そしてまだ産毛が残るヒナちゃん。
    ほとんど同じ背景で撮ったんだけど、山の天気はめまぐるしく変わるので、何が何だかわからない背景になってしまいました。

    訂正
    ドングリ などと書いてしまいましたが これはマツボックリの間違いでした。
    これはハイマツのマツボックリです。

    テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

    次のページ

    FC2Ad