FC2ブログ

    鳥を求めて・花を訪ねて

    信州のある山あいより等身大の山歩きを発信  

    早春の針葉樹林Ⅰ

    今の時期 このあたりに行くと 時々キクイタダキに出会えることがある。
    そんなわずかな期待を胸に針葉樹林を歩いていたら・・・・

    キクイタダキ

    キクイタダキ

    キクイタダキ

    3年越しでやっと撮れた。どことなく「甘いかなぁ・・・」とは思うものの、それでも涙が出るほどうれしい。
    そして・・・・・次は
    普通のもみの木にいるキクちゃんではなくて
    夏に もっと高い所でシラビソやハイマツにいるキクイタダキを撮りたい。・・・と 調子づいたことを思ったりしているのでありました。
    やっぱりこの小鳥はシラビソが本場だと思います。 続きを読む

    テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

    静かなひと時

    把の沢

    開田高原

    テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

    遠きにありて想う春

    開田高原のあるの中。
    雪の上を這う冷たい風が 音もなく通り過ぎる中、ザクザクと雪を踏む自分の足音だけが心地よかった。
    春まだ遠い森
    なんてどこにでもあるけれど、でも 実はここはギフチョウの
    この雪の下に あのきれいなチョウチョの蛹が静かに春の訪れを待っているのかと思うと ふと足が止まった。

    頭の上では 枯葉が1枚。遠くからゴジュウカラの声が聞こえた。
    春まだ遠い森

    なんという名前の植物だったかな??? 忘れてしまった。
    春まだ遠い森

    獣の足跡が森の奥へと消えて行った。
    春まだ遠い森

    開田高原

    テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

    御嶽山

    御嶽山
    あえて前景をかぶせてみました。

    御嶽山麓の集落

    道を走りながらふとを見たら 飛行機雲がの上空に延びていた。
    あ あれ撮ろう! と思いビューポイントへ向かう。でも毎回同じポイントではおもしろくない・・・などと余裕のありそうなことを思いついてしまった。
    そしてハンドルを左に切ってここへ着いた。遅刻だった。バカだった。

    1200pxになります。

    テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

    ある山道

    何週間も ハクチョウやカモに座りこんで遊んでもらっていたら、すっかりの小鳥を撮ることを忘れ、なんだか自分が負抜けてしまいました。
    これはいけないと思い、新しいフィールドの下見もしたいので、一人でこっそり開田高原へドライブ・・・

    開田高原から「月夜沢」と言うとてもきれにな沢に沿った道を行くと、月夜沢峠を越えて 松本市奈川に抜ける道があります。
    数年前に その道を通って松本まで抜けたいと思い、5月の連休に出かけては見たものの、雪と倒木に阻まれ挫折。
    その後 いろいろ人に聞いて調べたところ 
    ・この道は今では途中ゲートで閉鎖されていて 一般の人は 許可なしではまず無理。
    ・理由もなしに「行きたい」と言うだけでは許可など出してくれない。
    ・普通車で抜けようなんてのは無謀中の無謀。軽トラなら もしかしたら行けるかもしれない。
    ↑ こんなことがわかりました。

    その上 主人には 「そんな道 バイク買って勝手に行け。それで死んでも本望だろう!」と 怒られる始末。

    ああ バイクだったらたまに通っているわ(バイクだったらいいのかな?)・・・と思うものの 私はタイヤが4個付いていなければ怖いのです。
    それにそこまで頑張るのはムリと言うもの。

    まあ そんなわけでこの道を通ってどこまでいけるか挑戦しようなんて 微塵も思ってないけれど、
    お天気がよかったので ちょっとしたでき心でハンドルを月夜沢方向に切ってしまいました。まあ ほんのちょっと・・・

    こいつ ネタがなくて 季節遅れの写真を引っ張り出して来たな・・・! と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
    正真正銘3月20日 撮れたて鮮度抜群の昨日の状況です。日本は広いのです。

    月夜沢線
    月夜沢の森


    道端に 何がこんな造形を生み出すのか・・・
    月夜沢線
    月夜沢線

    そして道端にあった冬枯れのアジサイ。やっぱりこの花は逆光で撮るのがきれいです。
    枯紫陽花
    枯紫陽花
    今シーズン このあたりはまだ2~3回程度は雪が降るでしょう・・・・たぶん。

    1200pxになります。

    開田高原

    テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

    前のページ 次のページ