鳥に逢いたい・蝶に逢いたい

    信州のある山あいより等身大の山歩きを発信  

    ヒメ ただいま産卵中

    ヒメギフチョウ

    ヒメさまが離れた後 ちょっと失敬して葉っぱの裏側。13個うみつけられていた。
    ヒメギフチョウ
    今年もこの連休中 飲まず食わずでとうとうこの場面に遭遇し 何とかカメラにおさめることができた。
    前翅にやや枯葉のボケがかかってしまった。
    うみつけられている卵を見ることもできないが、これ以上どうしようもないくらい低く構えて これ。
    毎年 毎年やって これも含めて今まで5回産卵シーンを撮っているが
    今までのうちで今回が一番きれいに撮れたと自分では思っている。
    去年のは光が強すぎて背景はどうしようもなかった。
    おととしは撮れなかった。
    その前は 周りに変なものがあった。
    その前のは ウスバサイシンの葉っぱが多すぎて おかしな情景だった。
    その前は はじめて撮れたことに感動して終わってしまった。
    スポンサーサイト

    テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

    またこの季節が・・・

    おにぎりも持たずに山へ行って 飲まず食わずでこの森に張り付いていたけれど
    であったとはいえ これといった写真が撮れなかったので、
    撮影の時系列に沿って 全部並べさせてもらいます。お目汚しですが笑って許して!!

    10:23 (枝の影が容赦なく・・・・)
    ヒメギフチョウ

    10:48 (遠くて裏側 そっと忍び寄るも・・)
    ヒメギフチョウ

    10:49 (お顔は陰になってて目が出ない。背後に回り込む前に飛ばれてしまった)
    ヒメギフチョウ

    12:26 (枝がいっぱいあって遠いのでE-3+200mmで。こんな角度じゃオハナシニナラナイ)
    ヒメギフチョウ

    12:40 (お花にとまってくれないかなぁ・・・・)
    ヒメギフチョウ

    あとは 空が曇ってきて日光がなくなってしまったので 
    ひめさまはどこかにお隠れあそばして とうとう遊んでくれませんでした。
    おうちへ帰ったの 3:30頃だったんですけど (;一_一)

    テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

    数分間のできごと

    チョウが飛んでくれる条件は全て揃っているのに、この日は何故か出てきてくれませんでした。
    待って待って(途中で浮気もしたけど)4時間以上経過したころ ようやく出てきてくれました。
    そうしたら 直ぐにこんな態勢に入ってしまいました。
    こんなことがあっていの? って思いました。

    ヒメギフチョウ
    F8まで絞ったのですが、ついついたまごに気を取られ目からピントが外れてしまいました。
    画面構成もあったもんじゃありません。まあ笑って許してくださいね!
    周りは枯葉や枯れ枝だらけ、こんな状況では場所も変えられずこれ以上絞るのも怖い気がしました。

    このお母からは9個の卵が産み付けられました。
    ちょっと寂しいような気もします。13~15個くらい産んでくれるといいのに。
    ヒメギフチョウ

    テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

    森に棲むチョウ

    朝からお天気もよく 気温も順調に上昇してまさにチョウ撮り日和。
    おそらく1~2頭は出ているに違いないと、心もソワソワ。

    今年は3月末からほかの場所でカタクリが咲いてしまい、
    これはマズいと焦りまくって探し始めては見たものの、その後はやたらと変なお天気続き。
    撮れるはずもないのに撮りたくて、3週間も前からこの辺をうろつき、バカだといわれていたんです

    今日はチョウに徹するためにレンズは100mmマクロと オリンパスの200mmズームをチョイス。
    たとえ小鳥が出てきても この装備なら諦めるというもの。浮気はしない・・・・つ・も・り。

    車を降りて森へ入るといきなりキビタキが出迎えをしてくれました。
    グワぁ~~。せっかくだけど ムリ。ああ もったいない。


    などなど 前置きが長くなった割には ヒメギフチョウは証拠写真でしかないのであります。

    森に入ってほどなく、まだキビタキに未練がある頃 ひらひらと出てきたヒメギフチョウはウスバサイシンで休憩中。
    ヒメギフチョウ

    落ち葉の上で日向ぼっこ。
    ヒメギフチョウ
    以上 7D EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

    その後見失ってしまい、次の出現を待っていたけど 
    もう時間だから帰ろうかと思って足を後ろに向けたとたん出てきたチョウ。
    ヒメギフチョウ
    E-3 ZD50-200mm F2.8-3.5SWD


    林床に咲いていたカタクリ。ここに留まってもらいたい。
    カタクリ

    食草のウスバサイシン
    ウスバサイシン

    明日からはまた寒くなって 夜には雨とか雪とか・・・天気予報はまたふざけたことを言っております。
    雪が降るほど寒くなったら このチョウチョはどうなっちゃうんだろう?

    テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

    今時のギフチョウ事情

    ギフチョウを撮った翌日の午前中、また同じ場所へ出かけた。
    しかしこの日はお天気の回復を待っていたコレクターが早くから陣どり、森の中は青い網だらけ。
    人は其々いろいろな思いはあるのだろうけど、これだけ網に囲まれると 気が気でなくてろくにシャッターが押せない。
    この人達に私が遠慮するなんて 本末転倒で非常にバカバカしいとは思うけど、戦況は多勢に無勢でまったく歯が立たない。
    しばらく見ていただけでも あれよあれよという間に チョウチョは網にかかって三角紙に包まれてしまった。
    もう駄目だ。悲しすぎて見ていられない。私のシャッター音にもこの人たちは敏感に反応する。
    わたしが何をどう思っても、ここにはチョウを保護する条例が何にもないのだからどうしようもない。
    なので もうギフチョウはあきらめて、前の日雨で諦めたヒメギフチョウを見に行くことにした。
    網を持った人のそばを 聞こえるようにブツブツ言いながら通り過ぎた。
    でも まるで負け犬の遠吠えのようで ものすごく自分がみじめになってしまった。

    ここを離れる前に 森の外に止めてある車のナンバーを控えてしまった。何の役にも立たないけれど。
    香川 名古屋 静岡 富士山 多摩 神戸 京都 尾張小牧 習志野 三重 品川・・・・ なんなんだ コイツら!


    そして40分ほど車を走らせて ヒメギフチョウの森・・・・
    こちらはこの日人の気配はゼロ。本当にゆったりとした気持ちでチョウを待つことができる。
    ヒメギフチョウヒメギフチョウ
    ヒメギフチョウヒメギフチョウ

    今年は春先の天候が極端に寒かったり急に暖かだったりして、チョウの出現の様子が読めず 
    ヒメギフチョウはもう遅い感があったが 諦めずに出かけてこれだけ。

    300pxではファイルサイズが小さくならなかったので こんなに小さくしてしまいました。
    クリックで 1000px torimyBOXフルサイズが開きます。(リンク用twitter変更しました)

    テーマ:チョウの写真 - ジャンル:写真

    次のページ

    FC2Ad