鳥に逢いたい・蝶に逢いたい

    信州のある山あいより等身大の山歩きを発信  

    池のほとりで

    ツマグロヒョウモン
    また今年も このヒトにあってしまった。
    多分これからもいっぱい逢うのだろう。

    ムシヒキアブ
    そして 話は変わって このお二人。
    左がメスで 右ガオスだろうとは思うけど
    どうしてもオトコ同士のようで 好きになれない。
    スポンサーサイト

    テーマ:チョウの写真 - ジャンル:写真

    アタシ 寒くって・・・

    ここのところ劇的に冷え込み、11月4日 朝の最低気温は零下でした。
    朝お蒲団から出にくかったのですが、まだこんな程度でくじけるわけにもいかず、ガバッと!
    テレビの天気予報で「・・・・・県内各地の最低気温はご覧のとおりです。」とかやっていたけど
    それを確認するために、家の外の寒暖計を見に出る気にはなれず、昼間温かくなることを待つことにしました。
    10:30ころ 我が家のアイドル スバルくん(ウェルッシュコーギー・ペンブローク 10歳)のお散歩に外に出たらこのヒトが・・・・

    さすがにツマグロヒョウモンは もう食傷気味で、目にしたとしてもメモリーがもったいないので、ほとんど撮らないのですが、
    この日はさすがに朝の冷え込みがこたえたのか、動きがとても鈍く
    「アタシ 寒くて動けないのぉ・・・」と言っているようで ちょっとかわいそうな気がしました。

    ひたすら日向ぼっこ
    ツマグロヒョウモン

    体が温まったのか ようやく舞ってみて
    ツマグロヒョウモン

    たった1輪咲いていたタンポポに むしゃぶりつくように・・・・
    ツマグロヒョウモン
    でも 周りにはカレシはおろか他のお友達も 誰もいない・・・・

    今夜も寒いかもよぉ・・・気をつけてね。

    テーマ:チョウの写真 - ジャンル:写真

    どうして?

    昔はこんなチョウがいるということすら知らなかったが、最近は花さえ咲いてりゃどこでも参加のツマグロヒョウモン。
    これも地球温暖化による生息域の北上とか言われているけど、果たしてそれだけだろうか?
    ツマグロヒョウモン

    ツマグロヒョウモン
    温暖化にともなうチョウの拡散は、その食草となる植物についても連鎖は当然。
    そして他の南方系のチョウについてもそれは同じ条件のはず。
    にもかかわらず、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハの北上は非常にゆっくりなのに対し、
    このツマグロヒョウモンの拡散ぶりはもう「繁栄」と呼ぶにふさわしい。

    とはいえ 喜んでいる場合ではない。
    その半面で 希少種とよばれるものはもとより、普通種と思われていたものも、環境の変化(人的要因も含めて)によって 知らず知らずのうちに、あるいはあっと言う間に、その数を減らしてしまっている現実があることも忘れてはならない。

    それはさておき
    先日 県内紙のあるコラムを読んでいたら

    米は豊作― と書けば、編集者は「コメ」とカタカナに直す。最近、食害で悩ます鹿、猿も同様。昔から桜、梅、欅・・・などの樹木、猫、虎、猪・・・などの動物名は日常漢字なのに、大半の新聞、雑誌はカタカナ表記だ。・・・・(中略)覚えにくい高山植物などは、漢字で書くほうがわかりやすい・・・(中略)
    駒草(コマクサ)・・・・花の形が馬の顔に似ている
    御前橘(ゴゼンタチバナ)・・・・白山の御前峰で最初に発見された
    などなど

    一人静などはネーミングに妙がある     云々


    というのである。
    なるほどと思い、私は漢字表記路線で行こうと心に決めてみた。
    漢字で書けば その名の由来もなんとなく想像できるというもの。
    小鳥の名前はなんとかなる。樹木草花も 外来種以外はなんとかなる。

    ところがこれを虫に適用しようとやってみたら、難しいのなんのって・・・・

    蝶 蜻蛉 飛蝗 蜂・・・など ひとくくりにすれば簡単なことであるが
    大紫 と書いてみても 何の事だかピンとこない。
    紋白蝶、紋黄蝶、くらいならわかりそうなものだが、
    緋縅蝶・・・・・「緋縅」という文字からは どうしても鎧武者しか連想されないのである。
    大一文字・・・・・やっぱりわけわからない。まるで京都の大文字山の何かみたい。
    ツマグロヒョウモン・・・・? さてどんな漢字を当てはめればいいのか。翅の先の黒いヒョウモン蝶という意味だろうから 先黒豹紋 か?

    などと悩んで見たが やっぱり虫の漢字表記は、さっぱりあきらめることにした。

    テーマ:チョウの写真 - ジャンル:写真

    ツマグロヒョウモン

    ツマグロヒョウモン

    ツマグロヒョウモン

    ツマグロヒョウモンがピンボケになってしまいました。被写界深度はもっと深いと思っていたけど、よそうより浅いらしい。もう少し絞ればいいのかな?
    でも これだけ近寄らせてくれたチョウチョさんには感謝!!
    E-3 ZD ED8mm Fish eye EC-14 いつもの原っぱにて

    テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

    ツマグロヒョウモン

    ツマグロヒョウモン

    E-3 ZD70-300
    きそふくしま 自宅前にて

    テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

    次のページ

    FC2Ad